スポンサーリンク

初心者が陥る疑問、気軽そうなイメージのビオトープも情報整理が大切

是非ビオトープでメダカ飼育をやってみよう!なんて紹介サイトもありますが・・・
芸能人は歯が命、メダカたちは水質管理が命


a0960_000846.jpg

イメージ画像


ムズイ(;゚Д゚)

いやー、ビオトープでメダカ飼育

とっても楽しいし自然のサイクルっていうのを勉強させられます

子供たちに是非体験し学んでほしい分野ですね

初心者ビオトーパー(そんな言葉あるのか?)としては

先人たちの知恵を拝借し試行錯誤をしていると思います

まったく初心者であるワタクシ

購入前には「やっぱり初めてだしあまり大きめの器では無理だろうなぁ」

なんて考えてました、実際やってみると

容器が小さいビオトープは、水質管理が難しい

夏の日差しに当たってれば目に見えて水が蒸発し

ビオトープ内の水が減ってる(;゚Д゚)

先人たちの知恵では、水替えは1週間に1回とかと書いてあるけれども

1週間も待ってたら水半分近く無くなっちゃいますよ

なんでこうなるかというと、人それぞれ容器の大きさが違うので水量が全然違うんですよね


スポンサーリンク


睡蓮鉢でやってる人もいれば、プラ舟でやってる人もいますし

大きなお庭に池レベルの人もいるかもしれません

やることは一緒でもやる回数が全然違うんでしょうね

「そんなの当たり前でしょ」と思うでしょうが

まったくの知識が無い初心者からすれば

体験して初めて身体で理解する、難しい事なんですよね(;´・ω・)

インターネット時代の今日

調べればいくらでも飼育方法は出てきます

メダカを販売する会社

メダカ愛好家

メダカビギナーなどなどの情報発信

どれも体験から来る生きた情報なのでしょうが

その情報が自分の水槽とまったく同じでない事を

しっかり整理しておかないといけないんですね(´・ω・`)

なんだかよくわからない文章ですが

自分への戒めという事で。。。


関連記事

スポンサーリンク




にほんブログ村めだかブログランキングへ

にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ
にほんブログ村

コメント

非公開コメント